沖縄でレンタカーを利用する際の注意点

沖縄旅行の際に交通手段となるレンタカー。モノレールやバスだけで移動となると難しいです。レンタカーを利用する際の注意点とは? - 沖縄でレンタカーを利用する際の注意点

沖縄でレンタカーを利用する際の注意点

沖縄を観光する際、ほぼ必須となる交通手段が車です。一部地域ではモノレールやバスを利用できますが、公共交通機関が無い地域もあるため、レンタカーは欠かせません。旅行を予定している方は、現地でレンタカーを借りることが多いのではないでしょうか。

注意点も少なくない

しかし、沖縄でレンタカーを運転する場合、ルールなどを把握しておかなければ事故を招くおそれがあります。沖縄の道路事情は少々特殊な側面があり、初めて運転する方は困惑するかと思います。しっかり道路事情をチェックしておきましょう。

バスレーンに注意

沖縄の一部地域には、朝や夕方などの混雑時間帯にバス専用レーンが存在します。日本全国にバス専用レーンはありますが、その中でも沖縄は特に多いのです。公共交通機関としてバスが発達しているため、専用レーンは特に那覇市内で見かけます。
バス専用レーンになる時間帯は様々ですが、間違って進入しないようにしましょう。バスの通行を妨げるだけでなく、思わぬ事故を起こしてしまうおそれがあります。また、朝と夕方で専用レーンが切り替わることもあるので注意しましょう。

高速道の制限速度

高速道路の制限速度と聞くと、ほとんどの方は100kmと答えるのではないでしょうか。首都高速や一部の有料道路は80km制限ですが、沖縄の高速道路も最高速度は全区間80kmとなっています。沖縄には2つほど高速道路がありますが、間違っても100kmで走行しないよう注意しなくてはいけません。
普段と同じ感覚で高速道路を走行すると、20kmオーバーで捕まってしまう可能性があります。また、周囲の車は80kmで走行しているため、追突事故などを招くおそれもないとは限りません。いつもより速度を落として走行しましょう。

渋滞が多い

沖縄は車社会です。郊外ではレンタカーで快適なドライブを楽しめますが、中心部に行くと車が多くなり、渋滞に巻き込まれることもあります。特に通勤・通学時間帯と、帰宅時間帯は注意しておきましょう。休日やイベントが開催されているときは、時間帯に関わらず渋滞することがあります。
渋滞を回避するなら迂回路を利用するか、レンタカーに搭載されたカーナビを活用しましょう。目的地まで時間が掛かってしまうこともあるため、余裕を持つことも大切です。離島部を観光する際も、渋滞には気を付けましょう。

雨天時の運転は慎重に

沖縄では梅雨を始め、雨が多くなる時期が少なくありません。急に天候が崩れる場合もありますが、道路が滑りやすい箇所も多いため、慎重に運転しましょう。沖縄では、雨によるスリップ事故が多くなっています。
何故道路が滑りやすいのでしょうか。その理由が道路に使われている素材です。一般的な道路はアスファルトですが、一部にはサンゴなどが使われています。滑ってしまうとブレーキが利きにくくなるため、制動距離も長めに取りましょう。減速・停止時はもちろん、右左折時やカーブを曲がるときも注意が必要です。

安全運転を心がけよう

沖縄ではレンタカーが欠かせませんが、本土とは少し異なる道路事情があります。特にバス専用レーンや渋滞、滑りやすい道路には気を付けましょう。レンタカーで事故を起こさないことが大切です。
初めて沖縄観光する方、車を運転する方は、普段と同じ感覚で運転しないよう注意しなくてはいけません。発進・減速を慎重に行い、制限速度はしっかり守るなど、安全運転を心がけ、沖縄を楽しみましょう。
沖縄レンタカー料金
■http://xn--lckwb3h2azcy453aw75btq1aw4b.jp/

Copyright(C)2016沖縄でレンタカーを利用する際の注意点All Rights Reserved.